バリアフリー化の必要性

バリアフリー化の必要性 お葬式が行われる斎場には、日々多くの人が出入りします。
亡くなられた方を送る場所が斎場ですので、小さな子どもからお年寄りまで幅広い年代の方が出入りしています。
そんな場所においては、バリアフリー化を推進することが絶対不可欠であるといえます。
出入り口に段差があると子どもが転んだり、お年寄りが躓いたりと非常に危険です。
お手洗いについてもお年寄りが使いにくいと感じる設備では非常に問題があります。
目が悪い方も出入りしますので、点字ブロックや階段の手すりなどの設備も不可欠でしょう。
斎場の設置者いついては公的機関の場合と民間企業の場合の2種類がありますが、いずれのケースにおいても利用者の状況をきちんと考慮して、誰でもが安心して利用できる空間を作っておく必要があります。
気持ちが沈んだ状態で来訪するケースも多いですので、休憩場所などの設備も充実させておくことが望ましいといえるかもしれません。
配慮が不可欠だといえます。

家族葬の増加により変化した斎場へのアクセス

家族葬の増加により変化した斎場へのアクセス 斎場は、弔問客や参列者の数が100人を超える葬儀が主流であった事から駅やバス停から徒歩でもアクセス可能な便利な場所に数多く建築されており、盛大な葬儀こそが故人への手向けであると共に故人の人徳であると信じ込まされていた事から巨大なホールを有する施設も数多くありました。
葬儀件数自体は、2040年まで増加傾向にあると推測されているものの葬儀費用の総額は下落傾向にあり、大手物流メーカーや生活協同組合など異業種からの参入企業の勢力拡大が目覚ましく過当競争が激化しています。
また、不明瞭な相場や葬儀後の高額な追加料金が問題視されていた葬儀業界に、大手物流メーカーの異業種参入をキッカケに追加料金の無いセット料金が導入され、一気に家族葬や直葬などの小規模かつ低料金の葬儀が増加しています。
その為、業界では大規模な斎場から家族葬専用の小規模な斎場へのスイッチを進めていますが、限られた人数で執り行う家族葬が主流なので公共交通機関のアクセスへの配慮の必要が無い事から斎場の建設場所にも変化があります。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 場所」
に関連するツイート
Twitter

返信先:元々30年以上治らない精神病です。 葬儀や悲惨な事があった場所でニコニコしていますが、江頭豊の葬儀ではニコニコしていませんでした。 身内以外はどうでもいいんでしょう。

返信先:していたハーレーが届く日だった その葬儀場に飾ってた 彼の弟が クレーンとか重機のレンタル会社してる 世界中に貸し出してる 結構有名な大きな会社 そこのお墓の場所は 彼らの父親の実家で その大きさだけの 小作人で 追い出されたわけじゃないけど 父親は出ていって ヤクザの世界に入った ちょうど

檀家にならずに納骨できそうないいとこ見つけたと思ったら、檀家ではないのか?と納骨を考えてる場所からしつこく言われてる 祖母が亡くなった時に葬儀屋さんがたまたま呼んだお寺さんに今年の父の葬儀も頼んだだけなのに 納骨しようとしてる先からそのお寺さんの檀家ではないのか?と食い下がられてる

次実家に帰るのは多分、父の法要(7回忌)になると思う。娘と2人で帰る予定!モラは父の通夜・葬儀にしか呼んでない。法要とか初盆来てもほとんど意味ないから呼んでない。お墓の場所すら知らない🙃母が亡くなっても、葬儀には来て欲しくないから、弟と私と娘だけで済ませたい意向です(笑)

私、お母さんが亡くなって葬儀までの事かなり覚えていて どれくらい覚えているかというと 大阪からの帰り地元インターを降りて自宅に電話して必要なものないか聞いてそれを買ってきたんだけど 買った場所、時間、商品名が言えるレベル。