バリアフリー化の必要性

バリアフリー化の必要性 お葬式が行われる斎場には、日々多くの人が出入りします。
亡くなられた方を送る場所が斎場ですので、小さな子どもからお年寄りまで幅広い年代の方が出入りしています。
そんな場所においては、バリアフリー化を推進することが絶対不可欠であるといえます。
出入り口に段差があると子どもが転んだり、お年寄りが躓いたりと非常に危険です。
お手洗いについてもお年寄りが使いにくいと感じる設備では非常に問題があります。
目が悪い方も出入りしますので、点字ブロックや階段の手すりなどの設備も不可欠でしょう。
斎場の設置者いついては公的機関の場合と民間企業の場合の2種類がありますが、いずれのケースにおいても利用者の状況をきちんと考慮して、誰でもが安心して利用できる空間を作っておく必要があります。
気持ちが沈んだ状態で来訪するケースも多いですので、休憩場所などの設備も充実させておくことが望ましいといえるかもしれません。
配慮が不可欠だといえます。

家族葬の増加により変化した斎場へのアクセス

家族葬の増加により変化した斎場へのアクセス 斎場は、弔問客や参列者の数が100人を超える葬儀が主流であった事から駅やバス停から徒歩でもアクセス可能な便利な場所に数多く建築されており、盛大な葬儀こそが故人への手向けであると共に故人の人徳であると信じ込まされていた事から巨大なホールを有する施設も数多くありました。
葬儀件数自体は、2040年まで増加傾向にあると推測されているものの葬儀費用の総額は下落傾向にあり、大手物流メーカーや生活協同組合など異業種からの参入企業の勢力拡大が目覚ましく過当競争が激化しています。
また、不明瞭な相場や葬儀後の高額な追加料金が問題視されていた葬儀業界に、大手物流メーカーの異業種参入をキッカケに追加料金の無いセット料金が導入され、一気に家族葬や直葬などの小規模かつ低料金の葬儀が増加しています。
その為、業界では大規模な斎場から家族葬専用の小規模な斎場へのスイッチを進めていますが、限られた人数で執り行う家族葬が主流なので公共交通機関のアクセスへの配慮の必要が無い事から斎場の建設場所にも変化があります。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 場所」
に関連するツイート
Twitter

この1-2月の自分は「再会」がテーマになっているように思う。場所と時間を変えて、数年〜10数年ぶりに会った人がすでに50人以上。死別もあったけど、葬儀の場もまた再会の場ではあり。

返信先:監視(*/ω\*)キャー!! 場所分からないんよね…教えてもらえなかったから葬儀にも参加出来なかったし

葬儀の疲れか、体調が悪く。 微熱だから、花粉症も加わり、病院に行った方がよいのか? いや、毎日仕事場所が病院やん、と自分でツッコミできるので、まだ大丈夫。  見て寝る!と決める。

家族葬のファミーユが「家族葬のファミーユ 知多朝倉ホール」を2月26日(月)にオープンします。 名鉄常滑線「朝倉駅」から車で2分という利便性が高い場所に位置し、開放感のある式場に広々とくつろげる和洋室の遺族控室が続くホール設計となっています。

今日は祖母の葬儀。従兄弟の元JW2世の奥さんも参列すると思うけど、話を聞きたい。でも私の親がいない時間、場所で話せるといいけど、悲しい式だから複雑…