斎場で受けられるサービス

斎場で受けられるサービス お葬式を自宅で行う場合を除いては葬儀会社に葬儀を依頼して斎場を手配してもらいます。斎場ではお別れ式や家族葬、一日葬、一般葬とそれぞれに料金が設定されています。それに伴いお葬式が滞りなく行われるようにサービスもそれに応じて受けられるようになっています。
基本的に送迎と遺体の安置はどこの斎場でも手配してもらえます。さらに祭壇に必要な生花等の飾りや遺影、寺院の手配、納棺時のドライアイスや棺用布団などが用意してもらえます。お葬式の規模が大きくなれば必要な物も増えますが、線香や記載帳、喪章等の細々としたものもサービスに含まれ、お葬式後の火葬場の予約、霊柩車、火葬場用の生花等の用意もできます。お葬式が日にちをまたぐ場合は宿泊施設を用意することがあり、その時は宿泊人数をあらかじめ伝える必要があります。式場の設営、運営、式の進行はすべて任せられますので、戸惑うことはありません。斎場で受けられるサービスはお葬式の規模によって異なりますので、どのような式を希望するのかを伝えておくと必要なものが確認できて安心です。

マイクロバスレンタルをしてもらえることも!

マイクロバスレンタルをしてもらえることも! 斎場で葬儀を終えた後には、今度は火葬場へと移動しなくてはいけません。とりあえず行く事ができればよいと思いがちですが、通常は滞りなく火葬をすることができるように霊柩車を先頭として、車列は整えておく事が望ましいです。葬儀もひとつのおもてなしの場となりますが、同一行動を取れるようにマイクロバスを手配しておくと移動もスムーズに皆で到着できます。
斎場もさまざまな設備を整えてくれていますが、場合によってはマイクロバスをレンタルできる事もあるので、葬儀の相談をする時に確認しておくと良いでしょう。打ち合わせの際には忙しいですが、故人の遺族や親族、生前に親しかった方など何人が同乗する予定なのかも大まかでもいいので出しておくと話も進めていきやすいです。
葬儀は慣れないことばかりですし、何よりも悲しくて手配も上手くできずに余計に慌ててしまいがちです。焦らず落ち着いて家族や葬儀社の方ともよく話し合いながら、移動手段を確保して火葬場へと向かいましょう。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 サービス 」
に関連するツイート
Twitter

『死なないノウハウ 独り身の「金欠」から「散骨」まで』で紹介したのは、公的な制度(生活保護や雇用保険、高額療養費等)はもちろん、親の入る施設の第一連絡先になってくれた上、葬儀、納骨、墓じまいまでを引き受ける民間サービス、胃ろうや経鼻経管栄養になった際に(続)

【危機管理トピックス】国民生活センター もしもの時に慌てないように! 葬儀サービスのトラブル

返信先:予約すると、料金、 サービスだよー😄 私の友だち、2人とも 葬儀屋さんです 忙しいって😆

Swellは、「itowa」の機能開発とサポート人材の採用に投資するため、資金調達を実施したことを発表しました。 お悔やみプラットフォーム「itowa」は、昨年6月のサービス開始以来、累計700件以上の

【既存投資先News⚡️】 お悔やみプラットフォームのitowa(いとわ)を運営するSwellが、資金調達を発表いたしました。 オンラインで弔電や香典を送れるサービスで、昨年6月リリース以降、累計700件以上の葬儀で利用され、18,000人以上の方に訃報をお届けしています。 詳細: