公営斎場の良さ

公営斎場の良さ 公営斎場は複数の市町村によって管理・運営されているケースが多く、死亡者または主宰者が住民登録されている地域であれば利用することができます。
公営斎場の良さといえばなんといっても民間と比べて格段に安く使用することができることです。
なぜならば火葬施設と葬祭場が近隣にある、あるいは併設されているところが多いため、故人の霊柩車での移動や参列者のマイクロバスでの利用を必要としないぶんコストを抑えることができるのです。
おおよその費用は民間と比べて1/4程度で済むというところもあるなど非常にリーズナブルな価格設定になっています。
またもしもお住まいの市町村に公営斎場がない場合でも隣接する市町村が運営しているところがあれば利用することができます。
そのため利用を希望する人も多く予約が取りづらくなってしまうこともありますが希望日が確定しているのであればあらかじめ予約を入れておくとスムーズに利用することができます。

比較的安価で借りられる斎場

比較的安価で借りられる斎場 お葬式にかかる費用というのは、事前にお金の準備をしておくのが難しく、どうしても突発的にまとまったお金が必要になってくるものですので、タイミングによっては金銭的な負担が大きくなります。
そのため、できるだけ安価に斎場を借りられないかと考えることもあるはずです。
では、比較的安価に借りられる斎場にはどのようなところがあるのかというと、一番は自治体などが運営している公営斎場です。
公営の斎場は営利目的ではなく、あくまでその地域の住民向けの行政サービスですので、利用料金は民間と比べると安価に設定されています。
またもう一つのメリットとして、火葬所が併設されているところが多いという点です。
もちろん地域にもよりますが、多くが火葬は別の場所に移動してという形式となる民間と比べると、公営の場合は建物内を移動するだけで済みますので、出棺車両の費用や参列者の移動に必要なマイクロバスなどの費用を節約することができるのです。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 費用」
に関連するツイート
Twitter

形而上的な死者にかけるリソース(墓参り・何回忌法要・葬儀費用すらも)を担う社会の構成員各々の地力が喪失して、労働一辺倒になっているのだから、 当然のように『実態の残る社会的死者』に割けるリソースも無い。 そうなれば、死者を蔑ろにする不名誉・指弾のリスクを消す方向に社会は向くだろう。

返信先:他1あと、本人が葬儀屋さんに支払う費用の事を考えると、少し残しておいてあげたいとは思うけど。

それ故に当然ながら離婚し、元従兄弟の息子は私と共に祖父母で育った。 私が18で祖母が亡くなり、その葬儀費用すらも葬儀屋さんに分割をお願いして毎月コツコツ払うという苦労をしている最中でも叔父は変わらなかった。 そんな叔父なんだけど、もう76、もうすぐ77になる。 続く

返信先:そうなのよ💦亡父が母の事で懲りて自分の終活した際に「葬儀社」も決めておくって😩 終活の際、長男(兄)には任せられないと「葬儀費用」まで別管理の金融商品見つけてそこに預けて😰 事前に調べて互助会も入っていたから 良かったよ。今の葬儀のやり方では哀しんでいられない😢

うちはオカンも親父もまーぁなんだかんだ好かれてたのよね。 それを誇りに思うけれども同時にプレッシャーがね。 私の葬式たぶん参加者いないから。古河までわざわざ行ってやろうって思う知り合いいないから。ね。姉に申し訳ないわ。葬儀費用回収できなくて。 …みんな御仏前だけは姉に渡してな