公営斎場の良さ

公営斎場の良さ 公営斎場は複数の市町村によって管理・運営されているケースが多く、死亡者または主宰者が住民登録されている地域であれば利用することができます。
公営斎場の良さといえばなんといっても民間と比べて格段に安く使用することができることです。
なぜならば火葬施設と葬祭場が近隣にある、あるいは併設されているところが多いため、故人の霊柩車での移動や参列者のマイクロバスでの利用を必要としないぶんコストを抑えることができるのです。
おおよその費用は民間と比べて1/4程度で済むというところもあるなど非常にリーズナブルな価格設定になっています。
またもしもお住まいの市町村に公営斎場がない場合でも隣接する市町村が運営しているところがあれば利用することができます。
そのため利用を希望する人も多く予約が取りづらくなってしまうこともありますが希望日が確定しているのであればあらかじめ予約を入れておくとスムーズに利用することができます。

比較的安価で借りられる斎場

比較的安価で借りられる斎場 お葬式にかかる費用というのは、事前にお金の準備をしておくのが難しく、どうしても突発的にまとまったお金が必要になってくるものですので、タイミングによっては金銭的な負担が大きくなります。
そのため、できるだけ安価に斎場を借りられないかと考えることもあるはずです。
では、比較的安価に借りられる斎場にはどのようなところがあるのかというと、一番は自治体などが運営している公営斎場です。
公営の斎場は営利目的ではなく、あくまでその地域の住民向けの行政サービスですので、利用料金は民間と比べると安価に設定されています。
またもう一つのメリットとして、火葬所が併設されているところが多いという点です。
もちろん地域にもよりますが、多くが火葬は別の場所に移動してという形式となる民間と比べると、公営の場合は建物内を移動するだけで済みますので、出棺車両の費用や参列者の移動に必要なマイクロバスなどの費用を節約することができるのです。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 費用」
に関連するツイート
Twitter

今回初めて葬儀の打ち合わせを 最初から参加する。 孫として一歩引いた立場での参加だがすごく勉強になる。 だけど、費用と親類間の軋轢を感じ ひどく気落ちしてしまう…

やること お金おろす 香典袋、薄墨筆ペン 日程に余裕あるので72時間ほど間あけて 葬儀規模(配偶者の兄弟呼ぶか)確認 花とか追加費用の負担確認

葬儀屋との詳細打合せ並びに費用確定。 ようやく解放。 通夜は明日。

日蓮宗のお坊さん専用保険 ご住職のご葬儀と新しいご住職の入山式の費用を手厚く保障。日蓮宗のお坊さんの葬儀保険「南無南無」 日蓮宗の護持会の皆様ご検討下さい。 こういう保険あるのですかねぇ~(笑)

大体相続放棄の条件も納得いかんよね。葬儀費用は故人の預金から出しても影響しなくなったけどライフラインや携帯の解約、賃貸なら部屋の退去手続きっていう『放っておいたらどん×2費用がかかって故人の遺産が減っていく』系は放棄を望む人が手続きしても遺産の保存扱いで単純承認の枠から外すべきだよ