斎場のバリアフリー設備

斎場のバリアフリー設備 葬儀を執り行う場所として斎場を確保する場合には、あらかじめバリアフリー設備がしっかりと整っているかどうかも確認しておいたほうがよいでしょう。
葬儀に参列をする人はかならずしも現役世代の人たちだけとは限らず、それなりの年齢を重ねたお年寄りも多くみられるはずです。特に亡くなった人が高齢の場合には、その人に縁がある人たちも高齢というのが当たり前ですので、会場に至るまでのルートに階段などがあれば、容易に移動することができず困惑してしまいます。もちろん他人が介助をして案内することもできないわけではありませんが、葬儀の当日ほど忙しい機会はそれほどありませんので、十分な人員を割り当てることができないおそれがあります。そこで階段があったとしてもその脇にスロープが併設されていたり、館内にエレベーターが設置されていたり、受付で車いすの貸出のサービスが受けられたりする斎場を意識して選ぶというのもひとつの方法です。

小さな子供を連れて斎場へ行く場合

小さな子供を連れて斎場へ行く場合 小さな子供のいる人がお葬式に出席する場合にはいくつかのケースが考えられます。
亡くなった人が身近な家族であった場合には、大切な人との別れを惜しむ場であるので一緒に参加することになることが多いようです。近所や遠い親戚の場合は誰かに預けて大人だけが出席することもあります。子供を葬儀に出席させて困ることは斎場で大人と同じように振る舞えない場合があることです。じっと座っているのに飽きてしまい、大きな声で話したり騒いだりすることがあります。赤ちゃんであれば泣き出すことはよくあります。状況はその子一人ひとりによって異なるし、年齢が低いほど大人と同じようにはできません。そういった場合は部屋から一旦連れ出しましょう。斎場のスタッフに声をかけてできれば空いているスペースを使わせてもらえればよいのですが、そうでなくてもスタッフはそういった状況に慣れているのであまり心配することはありません。ただおもちゃや絵本など気を紛らわせるものは予め用意しておいたほうがよいでしょう。

新着情報

◎2023/8/18

情報を更新しました。
>斎場は高齢者の参列者に配慮して選ぶことが大事
>斎場選びでは送迎バスやタクシー送迎などの有無を確認
>斎場と墓石店の連携や提携があると便利です
>宗教宗派を問わない斎場も増えているのです
>斎場は焼き場に近いところが望ましいとされます

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>幅広い世代が便利に利用できる斎場専用サイト
>斎場の勤務スタイルや時間、通勤距離について
>斎場に務めると福利厚生はどのくらいなのか?
>斎場建設には近隣住民の迷惑にも配慮して建設を
>斎場での感染予防対策はどうすれば良いの?

◎2019/2/8

エレベーター完備の斎場
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場のバリアフリー設備
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

バリアフリー化の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

斎場で受けられるサービス
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

斎場を利用する値段
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「斎場 子供 」
に関連するツイート
Twitter

子供の頃に母方の祖母が死に、斎場で骨を拾う時に孫の番がきた。最も近くにいた私が箸を伸ばしたら、お前じゃないとばかりに母に袖を強く引かれた。あれが内孫と外孫の違いを意識した最初だった。骨を拾う際に順番があること、その順番は家の序列で決まることを、その時まで私は知らなかった。

自分の親の事でも、知らない事が多く驚く 今日斎場で弟と会って、亡き父が 我々姉弟が生まれる前、近所の子供達相手に学習塾まがいの事をしていたらしいとか、学生時代野球部でサード守ってたとか、歯学部目指してたらしいとか、 父が亡くなったのはもう30年近く前なのに、今更教えてもらい…😇マジか

返信先:まともな家族なら、子供が親の冠婚葬祭立ち振舞いを見て学ぶ。 それを放棄されたまま育てば、暗中模索💫 喪主、乾杯の音頭進行スピーチいきなりやらされて、斎場式場の係の人に泣きついて進めましたよ😭

返信先:子供が産まれるのは産婦人科 人が死んで斎場が ゴミを出すのに処理場が 保育施設も建てて維持管理 女の人が夜中に独りで歩く事や 電車の中で居眠り出来る環境 益々増えるモンクレ対応 それらの支える人の給料 その給料で暮らす家族 これらは無料じゃないぞ

門前仲町・深川不動堂の参道に位置していた旧・富岡斎場を改修し、地域の方々の記憶を引き継ぎながら、新しい拠点として生まれ変わります。 学童保育に来る100名以上の子どもたちと、デイサービスに通う高齢者が日常的に顔をあわせるような設計になっています。